テーマ:音楽

貪欲なリスナー

ひっさびさのブログ 最近はもっばらインスタグラムが手軽で、 そっちの方で、音楽紀行してます。 実は、大学卒業時、レコード会社に就職しようと思った時があった、、、 理由は子供の頃から、 宝物探しのように、自分にとって Resonate (ビビッとくる) する 珠玉の一曲を探すの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光と水の音楽

マエストロ Piero Piccion氏の曲は 水と光を感じる キラキラした粒子を感じる そして、それは私が好きな場所、 好きな風景につながっている。 だから、凄く共鳴するの Piero Piccioniさん は、海や自然が大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日の終わり

一色海岸、小磯の鼻には 夕方になると人が集まる。。。 犬を連れた人、子供から大人まで、、、 みんな陽が落ちるのを眺めます。。 音楽は Piero Piccioni - Sognando la tua 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優しい時間

60年代、70年代の音楽は 宝の宝庫! お陰で、曲ごとに ストーリー、 イメージが湧く 湧く 動画と合わせて 色んなシチュエーションのMusic video作りたくなる 脳内音楽紀行 http://masami-jazzpiano.at.webry.info/201709/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソロピアノを弾く私

春一番が吹き 東京もだんだんと 暖かくなってきました。。 実家の玄関には 子供の頃から可愛がって頂いてた 大好きな母の知人お手製、折り紙お雛様がお目見え 世界に一つだけの お雛飾り 久々演奏動画アップ{%音符webry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノスタルジアこそが!

イタリア、フランス、ブラジル、 どこも、一度も訪れたことの無い地 なのに、 特に60年代、70年代の その土地の映画音楽やテレビドラマ音楽は 懐かしさを感じる。。 ノスタルジアが、 ここ、ずっと私の好きな 音楽に共通するフィーリング この曲なんて 正にそれ{%ハート(キラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

頑張らない音楽

Francis Lai といえば、 言わずと知れた “Un home et une femme” のダバダバの作曲者 大好きすぎて 細胞に、 耳にしみ込んでる そして何度とブログネタにしてます http://masami-jazzpiano.at.webry.info/201305/article…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生まれた街 東京

夜の満員電車 Chaos な 空気に ドラム Tony Williamsのちょっと荒っぽい 素っ気ないボーカルが、馴染むな~ TONY WILLIAMS- There Comes A Time 東京に生まれて、 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳内音楽紀行♪

音をつけるのに最近ハマってます。。。 思えば子供の頃から 車や電車の中から見る風景に 自分の頭の中で、勝手にBGMを鳴らして 浸っていた。。 それを、何十年も経った今 今度はスマホで具現化してる今日この頃。。。 いい音楽には、 映像がついてくるんだよね。。 大好きな葉山一色海岸の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石垣島でソロライブ

石垣島でソロライブと シュノーケリングしてきました♪ ついた日は曇り空でしたが、 次の日から快晴 素潜り休憩所の マイツリーハウス?と 海の中を往復 してたら、あっという間に1日が過ぎる{%夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

処女航海ソロを弾く

先日ソロピアノGigで 弾いた Maiden Voyage "処女航海" をスマホで録画して、 インスタグラム https://www.instagram.com/p/BT5PhjNlVfb/?taken-by=masami_17 にアップしたら なんと、Maiden Voyage の composer本人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サークルKサンクスのBGM

仕事を終えて 地元の駅コンビニ サークルK•サンクスに入ると 突然耳に飛び込んできたのが。。 Jaco Pastoriusの Used To Be A Cha Cha 西友のBGM http://masami-jazzpiano.at.webry.info/201305/articl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more